必要な情報がすぐに見つかる!

検索で簡単に情報を取得できる

人材管理システムによって人事に関連する情報を全てデータベース化すると検索で簡単に必要な情報を取得できます。正社員として雇用している人の情報だけでなく、アルバイトやパート、派遣社員などの情報も一元化して管理することが可能です。人材管理システムではフリーランスの人材を一時的に起用した場合にも、フリーランサー側の同意が得られればデータベースに情報を入れておくことができます。以前、業務を委託したフリーランサーの情報を調べ直したいというときにも簡単です。採用活動によって得られた採用候補者の履歴書や職務経歴書なども人材管理システム上でまとめて管理することができるため、必要に応じてオファーをかけられるでしょう。

一元化すると手間が少ない

人材管理システムによって人事データを一元化しなくても、データベースさえ作成してしまえば検索することはできるのではないかと思うかもしれません。確かに正社員は名簿を作り、アルバイトやパートは一時的な雇用と考えて別の名簿にまとめるといったやり方も可能です。これらのデータベースとはまた別にフリーランスの委託先の連絡先や、採用活動における応募者の情報などを別途データベースにすることもできるでしょう。しかし、人材管理システムで一元化して管理すると、必要な情報を手に入れたいと思ったときの手間が最小限に抑えられます。つながりがある人たちを網羅的に検索できるので、一回の検索で候補をリストアップできるのが魅力です。